発達障害で生きていく。

ADHD優位のアスペルガーで、LD学習障害もある35歳のおっさんです。息子も遺伝して発達障害です。文献を読み漁り、発達障害は限りなく完治に近い、治すことができると確信しました。このサイトは、治す情報など、発達障害のさまざまな情報を発信していきます。

*

事務?警察?発達障害でもなれるおすすめの公務員の種類

      2018/02/11

不景気になると安定した職業の公務員になりたいという人が増加する傾向にあるようです。

それとは関係なく発達障害の人が公務員になることはできるのでしょうか。

福利厚生がしっかりしている公務員という職業は、発達障害の人にも理解があり働きやすい環境に見えるようです。

実際に社会の範となることが求められる公務員ですから、福利厚生の面では期待が持てると言ってもいいでしょう。

それでは、実際に発達障害の人が公務員として働くことができるのかを探ってみました。

スポンサーリンク

仕事というものはどういったものかを考える

まずは仕事といったものがどういったものであるのかを見つめ直さなくてはいけません。

公務員になりたいと思う気持ちはどういったものでしょうか。

障害者に優しいからということでも立派な理由になるでしょう。

 

しかし、職場に入ってからは、当然のことながらきちんと仕事をしていかなければいけません。

公務員の場合は地位が安定しているので、一度公務員になったら安泰と思っている人もいるでしょう。

 

しかし、慣れない職場に異動されることもありますし、やはり仕事としての公務員はきつい面もあるのです。

ですから、生半可な気持ちで公務員になりたいというのであればどこかで挫折することがあるでしょう。

 

こういったところに気をつける

まずは、仕事して働くわけですから、コミュニケーション能力を身につけなければいけません。

役所という職場は障害のある人を受け入れる土壌があります。

 

かといって、それは働く側にも責任が生じるということです。周囲も発達障害があるということを認めている場合もあるでしょう。あるいは、発達障害をカミングアウトせずに公務員になった人もいるかもしれませ。

この点は難しいのですが、発達障害がグレーゾーンであればカミングアウトする必要もないかもしれません。

 

その場合は一般枠で試験を受けて合格して公務員になれたのですから、当然です。

もう一つは障害者枠を利用して試験を受けた場合です。

公務員には、身体障害者枠、知的障害者枠、精神障害者枠というものがあります。

 

発達障害の場合は、精神障害者枠になるでしょう。

ただし、学習能力に問題がない場合が多く、筆記試験がメインとなり面接試験もそれなりに通過したら採用される可能性は高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

どういった職種が向いている?

公務員という職種も幅が広いです。

一般職から、さらには警察官もそうですし、水道局員や清掃局員もあります。

どの職種が向いているのかというと、一般の企業と同じで適材適所で発達障害の人でも働ける場所はあるでしょう。

 

大切なのは、自分の適性を正確に評価してくれる部署がいいということです。

性格にムラがあるようでしたら、警察官にはなれないでしょう。

 

勉強して司法試験の資格を取って判事になろうとしても面接で不採用になるケースは多いです。

公務員という職業は一芸に秀でている人が入るところではありません。

 

言うなれば平均的な人、もっと言えばオールマイティな人が働く職場と考えていいです。

ですから、公務員で働きたいというのでしたら、自分の性格と向き合ってみることが大切になります。

「私はこういったところにこだわりがあるから、そんな性格を伸ばす職場に就きたい」ということでしたら、公務員の仕事は向いていないと考えていいです。

 

私の場合、発達障害は仕事に就いてからわかりました。

それまでわからなかったのが不思議というか、それでも最近は発達障害かどうかを見極める仕組みができているので、早くからわかるようですが、私の世代はそういったものがありませんでした。

 

仕事の選択は何に向いているのか、というよりは漠然と大きな会社の歯車になることを望みました。

発達障害と自覚して仕事を選択するとなるとどうでしょうか。

 

とかく生きづらいとされる発達障害ですが、そういった障害をきちんと受けとめてくれる公務員という仕事は社会貢献の場でもあるので、働くにはもってこいかもしれませんね。

もっとも、働くのですからコミュニケーション能力や仕事に対しての完遂意識というのは磨いていかなければいけません。


スポンサーリンク

 - 発達障害の大人・仕事 , , , , ,

  関連記事

発達障害のASD自閉症、アスペルガーの脳タイプ別の適職おすすめ

発達障害に適職はあるかというと、もちろんあります。 僕はアルバイトも含めると10 …

発達障害の女性の特徴。大人になってから仕事に悩むケースが多くなる

女性の発達障害は大人になってから発症するものではありません。 発達障害というのは …

発達障害の同僚が迷惑でイライラしっぱなし!理由と対応策

発達障害はいるだけで迷惑をかけることが多いのに、それが同じ職場で同僚だったら、最 …

発達障害でも取れる!仕事に活かすせてお金になる資格

発達障害を持つ人にとって、高い壁となっているのが、就職です。 学生時代には個性と …

発達障害の部下にイラっとするなら接し方を変えてみよう。指導方法

発達障害の部下をもつと、かんたんな仕事でもミスをする、反省しない、机が汚いなど、 …

発達障害の旦那24の特徴。結婚生活がうまくいくための当事者からのアドバイス

発達障害の旦那をもつ奥さんは、それはそれは毎日が大変だとお察しします。 かくいう …

発達障害の無職率をデータにして表してみた。失業率とひきこもり多すぎ!

発達障害は無職になりやすいといえます。 じっさい僕も発達障害ですが、その症状によ …

発達障害で会社をクビになった!やばすぎる失敗エピソード

発達障害の影響でクビになった話をまとめています。 また、どのようなことが苦手でや …

発達障害でも結婚はできる!離婚と再婚を経験して分かったこと

発達障害だと、結婚に対して後ろ向きになって、結婚は諦めたほうがいい、しないほうが …

発達障害の就職は障害者枠がぜったいおすすめ!就活事情の厳しさ

発達障害があると、就職が難しく、就職できたとしても、長続きしない人が多いのが現状 …