発達障害で生きていく。

ADHD優位のアスペルガーで、LD学習障害もある35歳のおっさんです。息子も遺伝して発達障害です。文献を読み漁り、発達障害は限りなく完治に近い、治すことができると確信しました。このサイトは、治す情報など、発達障害のさまざまな情報を発信していきます。

*

発達障害の2歳児にみられる14の特徴。療育で完治を目指そう

   

発達障害は、たとえ赤ちゃんでもよく見れば、その特徴を表しています。

2歳でも、正式な診断を下すのは難しいですが、定形発達のこどもと比べると、独特な特徴は見受けられます。

今回は、発達障害の2歳児に見られる特徴と、2歳児の療育についてご紹介します。

スポンサーリンク

発達障害の2歳の特徴チェック

・同じ年頃の友達と一緒に遊ぶことができない

・友達と一緒でなくても、砂場などの同じ場所で遊べない

・同年齢の子どもと比べて言葉の成長がおそい

 

・「ママ」など、話せていたのに話せなくなって消えた言葉がある

・こどもが遊んでいるとき「こっちを見て」というしぐさを見せる

・しかし視線をあわせようとすると、わざと目をそらす

 

・おもちゃを正しい遊び方で遊べない。車を走らせて遊ぶのではなく、積み木のようにして遊ぶなど

・おもちゃで遊ぶというより、おもちゃそのものに興味がある

・ママの居場所を気にしたりしないで、1時間以上テレビに集中しすぎている

 

・物まね遊びをしない、物まねがおかしい

・あれやこれなどの、指差しをしない

・嫌なことがあると癇癪をおこしてパニックになる

 

・人見知りをしない、逆にとても人見知りする

・食事へのこだわりが強く、偏食である

 

8つ以上当てはまる場合

発達障害は2歳の段階ではまだ判断が難しいというのが本当のところです。

上記の症状が8つ以上当てはまるなら、定期健診の時にお医者さんに相談してみましょう。

 

発達障害のうたがいがある場合は、経過観察することになります。

また、発達障害の診断を受ける場合は、予約が必要で、どこの自治体も2~3か月は時間がかかる場合が多いです。

 

そのため、少し早めから準備して、予約をしておきましょう。

8つ以上当てはまらない場合は、それほど急ぐ必要はなく、3歳時健診まではお家で様子をみていていいでしょう。

 

できること

2歳ではまだ発達障害かどうか断定することはできません。

しかし、いまできることはあります。

とくに、「発達障害の改善と予防: 家庭ですべきこと、してはいけないこと (実用単行本)

この本によると、8歳までなら発達障害は治ると断定しています。

 

 

それほど、小さいころから速めの療育は大事で、脳を活性化させることが必要です。

発達障害と認定されていない今からでも、やれることはやっておきましょう。

 

絵本を読み聞かせる

言葉の遅い2歳のこどもには、絵本の読み聞かせが効果的です。

とくに発達障害である場合、発達障害は視覚から入る情報がわかりやすく、脳を刺激することができます。

この特徴は大人になってからでも続くので、視覚でイメージすることはとても重要です。

1日10冊以上読み聞かせることで効果があります。

スポンサーリンク

積み木遊び

積み木は発達障害のこどもが得意な遊びで、視覚をフルに使った遊びです。

指先を使うことで脳の神経が刺激され、空間認識能力も高まります。

また、目と手を同時に使って物を作るという協調運動の機能も向上し、脳に良い効果をもたらします。

 

療育に通う

発達障害だと正式に診断されていなくても、療育に通うことは可能です。

症状がみられる場合は、早めに療育してもいいと思います。

療育では具体的に、以下のことを勉強します。

 

・かばんを決まった位置にしまう

・出席ノートを先生に提出する

・名前を呼ばれたら返事をする

・歩く練習のため、母子で手をつないで周辺を散歩する

・トイレは決められた時間に必ず行く

・遊具で遊ぶ(列に並ぶ練習)

・出したものを片づける

 

一見なんの変哲もないように見えますが、どれも発達障害の成長に意味のある行動です。

発達障害は集団行動やルールに縛られるのが苦手なので、この一連の行動ができるようになるだけで意味があります。

小学校にあがるまえに療育に通っておけば、小学校も普通学級に通うこともできるようになります。

 

僕が2歳だったころのエピソード

僕はADHDとLDの発達障害ですが、2歳のときのころの話を母親に聞いてみました。

すると、話をするのは早くて、これは天才か?と思ったところ、ある日からぴたりと言葉を忘れたかのように、しゃべらなくなったそうです。

 

「バナナ」を「パナナ」と言っていたそうですが、「パナナと言ってごらん」とバナナを見せても、それが何かわからなかいそぶりだったそうです。

発達障害のこどもは、たまに言葉をなくしたかのように、しゃべれなくなるときがあります。

 

積み木を与えてみても、何か組んで遊ぶのではなく、手のひらでその形を確かめて握ったり、遠くに投げて遊んでいたそうです。

おもちゃでは普通ではない遊び方をすることが多く、その辺りが定形発達の姉と違い、おかしいとは思わなかったものの、個性的なこどもだと思っていたそうです。

2歳ではまだ発達障害の特徴はわかりにくいですが、よく見れば確実にその影響はあるんですね。


スポンサーリンク

 - 発達障害のこども , , , , , , , ,

  関連記事

中学生でおきる発達障害の特徴。塾のサポートや接し方について

発達障害は中学生から悩みが深くなり、不登校に発展するケースが数多くあります。 不 …

発達障害の中学受験について考える。メリットデメリットの比較

学歴社会の日本では、中学受験はいまや都市部では5人に1人が受けています。 そんな …

発達障害の子どもをイライラしないで育てるための魔法の言葉かけ

どうして、これができないのか…。発達障害の子どもを持っていると、そう思ってしまう …

発達障害と不登校には根深い関連がある!学校に行くべきか?について

不登校は一時期減少していましたが、現在は横ばいで、不登校は必ず一定数でてしまうと …

発達障害の女の子の特徴。個性的と思われて発覚しずらいケースが多い

発達障害は一般的に女性よりも男性のほうが多いとされています。 調査によると男性の …

発達障害の症状が重くなる小学生の対応と療育方法

自分の小学生の子供が発達障害だったら…周りと少し変わった子供がいたらそれを個性と …

発達障害のトラブルで幼稚園を退園!その後の入園拒否の園事情

発達障害のこどもだと、幼稚園ではトラブルはつきものです。 うちの息子はADHDの …

発達障害向けの塾リスト全国一覧まとめ。早めの療育でこどもの脳を活性化させよう

発達障害やグレーゾーンだと思われる場合は、こどものころから早めに発達障害専門の塾 …

発達障害のお家でできる療育方法まとめ。支援アプリまで

こどもが発達障害だとわかったら、すぐに療育を始めることがベストです。 療育は早け …

発達障害の1歳~6歳までの幼児にみられる特徴的な症状まとめ

発達障害の子どもには、赤ちゃんのころから普通とは違う特徴的な症状が表れます。 た …