発達障害で生きていく。

ADHD優位のアスペルガーで、LD学習障害もある35歳のおっさんです。息子も遺伝して発達障害です。文献を読み漁り、発達障害は限りなく完治に近い、治すことができると確信しました。このサイトは、治す情報など、発達障害のさまざまな情報を発信していきます。

*

この行動は発達障害?それとも性格?見極める3つのポイント

      2018/05/30

発達障害、性格で起きる問題をわかりやすく分別しています。

案内の中では、疑うだけに留めたほうが良いのか、それとも、すでに発達障害の行動として有名なのか、そのこともしっかりと判断できるよう、役立つ基礎知識の案内も含まれています。

今回は、この行動は発達障害?それとも性格?見極める3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

コミュニケーションの問題

発達障害、性格で起きる問題を判別する方法ですが、先ずは、コミュニケーションの問題が起きていないかを確認しましょう。

例えば、親子関係は良好なのに、なぜか、他人と出会うとそわそわする、会話が長続きしない、ストレスを溜めることが多いという場合は、コミュニケーションに難があるのかもしれません。

 

また、コミュニケーションがあからさまに下手という場合は、発達障害を疑ったほうが無難です。

というのも、発達障害の問題を抱えている人は、自分が発達障害の問題を抱えていることを理解できない、理解しているが故にストレスを溜め込むことが多く、気性が荒い人物になってしまうことが多いからです。

 

また、どのようにして正確な判別を行うのかというと、視線は正しいか、自分の気持ちを伝えているか、友達などを作りたがっているかで判別します。

コミュニケーション時、視線が安定しない、事務的な対応が目立つ、モジモジしているだけで、友達作りを積極的に行わないという場合は、発達障害の影響で、どのような感情表現を行えば良いのかがわからないのです。

 

また、屁理屈をこねることが多く、結論を言うまでに時間がかかる人も、発達障害の可能性が高いです。

自分の意見が負けるところを見たくないため、興奮しやすく、また感情的な意見が目立つため、説得力に欠ける行動、言葉も目立つようになります。

意外と判別そのものは難しくないので、発達障害、性格で起きる問題については、早い段階で判別を行おうとしたかどうかが重要です。

スポンサーリンク

多動性の問題

発達障害の問題を抱えている人は、精神的に揺れ動きやすい特徴があるため、なにかしらの刺激を受けると、刺激に流され続けることが多いです。

これを多動性の問題というのですが、以下の行動が目立つようであれば、発達障害の影響で問題が良く起きていると判断できます。

 

例えば、注意を受けたはずなのに注意に従わない場合が該当します。

一見すると、反抗しているように見えるため、周りから厳しく注意されることもあるのですが、何度言っても変化が見られないようであれば、発達障害の可能性が高いと思って問題ないでしょう。

 

また、そわそわすると服をギュッと握ったり、コミュニケーションを良く要求するケースも、発達障害の可能性が高いと思って問題ありません。

精神的に不安になると、思考するよりも誰かに依存することが多く、問題解決を自分の力のみで行わないことが多いのです。

 

他にも、怒られるたびにヒステリックになるのも、発達障害の可能性が高いと判断して問題ありません。

性格で起きる問題なのであれば、特定の人物、もしくはコンプレックスなどに対して反応するのですが、発達障害に悩まされている人は、周囲の人を信用していないことが多く、物事を大げさに捉えることが多いのです。

 

疑うだけに留めたほうが良いこと

以下のような行動、特徴が目立つ場合は、発達障害かもしれないと思っておくくらいが丁度良いです。

例えば、何気ないことで大笑いしてしまう場合、コミュニケーション能力の欠如ではと考えられるだけで、発達障害と結びつくところがまったくありません。

 

人によっては、笑いのツボと呼ばれるものもありますので、大笑いしてしまう動作、もしくはお笑いが好きなので、他人にお笑いを求める行動そのものは、誰にでもある性格の問題でしかありません。

逆に、笑っていない時は怒りっぽく、無言でいる時間が長い場合は、発達障害の影響を受けている可能性が浮上します。


スポンサーリンク

 - 発達障害の特徴・症状 , , , ,

  関連記事

軽度の発達障害は軽くない?軽度発達障害の特徴

みなさんは゛軽度の発達障害”と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか? ほとん …

発達障害の偏食チェックリスト。タイプに合わせたレシピと改善方法

発達障害の症状のひとつ、偏食があります。 ただたんにまずいから食べられないという …

発達障害が不器用すぎるのは発達性協調運動障害の可能性がある

発達障害の特徴として、手先が不器用で、その不器用さからコップを割ってしまったりと …

発達障害だと人の話を理解できないのはなぜ?原因と解決方法

発達障害だと、話が理解できない、意味がわからないというときがあります。 僕もこれ …

じつは普通の人より優秀になれる!発達障害の才能を発見する方法

発達障害の才能を発見することは、そのまま、発達障害の問題を抱えながら幸せになるこ …

発達障害の天才たちのエピソード。才能が開花する3つのポイント

発達障害の症状は、一つのことに異常にこだわることや、普通なら気が付かないことに気 …

発達障害のグレーゾーンの特徴と問題。その人生の体験談

発達障害にはグレーゾーンという、普通でもない、発達障害でもないという中間の位置が …

発達障害の女性17の特徴。恋愛や仕事はどうしてるの?

発達障害の女性は、男性より少ないとされていますが、じつは総数は変わらないんではな …

発達障害はゲーム依存になりやすい。8つの原因と治療方法

発達障害はひとつのことに集中する能力が高く、それはときに世界を変える大発見をした …

発達障害に二次障害はつきもの!なぜうつ病や不安障害は起きるのか?治療法など

発達障害に二次障害はつきもので、軽度であれ何らかの二次障害がある人は多いです。 …