発達障害で生きていく。

ADHD優位のアスペルガーで、LD学習障害もある35歳のおっさんです。息子も遺伝して発達障害です。文献を読み漁り、発達障害は限りなく完治に近い、治すことができると確信しました。このサイトは、治す情報など、発達障害のさまざまな情報を発信していきます。

*

発達障害で会社をクビになった!やばすぎる失敗エピソード

      2018/03/20

発達障害の影響でクビになった話をまとめています。

また、どのようなことが苦手でやらかしてしまったのか、そんな話を中心にしてまとまっているので、具体的にどのような問題を起こしやすいのか、そのこともまとめて学べるように工夫されています。

今回は、発達障害の僕自身の体験をもとに、会社での失敗エピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

連絡全般が苦手

発達障害の影響でクビになったのは、そもそも、連絡全般が酷かったからです。

例えば、お休みを急に入れなければいけないケースでは、電話を入れる、入れないでもめたことがあります。

 

自分は、お休みを確実にもらう方向で話を進めていたのですが、上司からは、昼からは出勤できるのだから、しっかりと昼からは出勤して欲しいと言われ、そのことを曖昧に対処してしまったことがありました。

この対処では、休日をもらいますではなく、1日間の休日は諦めて昼からは出勤しますと承諾しているようなものです。

 

発達障害の影響でクビになってしまう人の中には、要求を断れずにズルズルと流されてしまい、自分にとって不利な状況を、自分で生み出してしまう人もいますが、私もその中の1人だったのです。

また、昼から出勤するケースもあれば、どうしても体調が良くならないため、そのまま欠勤の話を上司に持ちかけるなど、約束そのものを上手く守ることができない人になったこともあります。

 

そして、精神的に不安定な生活を強いられることも多くなり、仕事の効率もほとんど改善しませんでした。

取引先とはトラブルが多く、且つ、元々明るい性格ではないので、コミュニケーションもパッとしません。

やはり、社会人として周りから評価されるためには、メリハリのある生活をしている、そして、上司とのコミュニケーションは、なるべく約束を前提にして動くことが重要だと学びました。

スポンサーリンク

ツールの理解力が低い

今の時代、ガラケー、スマートフォンを所持、使用していない人はほとんどいません。

ですが、私の場合は携帯電話、メール機能の2つを使えているだけで、スケジュール管理アプリ、連絡用のアプリの知識がゼロだったのです。

 

そのため、会社の方から指示があっても、上手にこれらのアプリを使用することができませんでした。

そんな対応が長く続いたので、システム管理といった、特別な仕事を行うことに苦手意識を持つようになり、次第に人間関係が悪化していったのを覚えています。

 

発達障害の影響でクビになったのは確かですが、私の場合、自分の職場に対する理解力が低かったのも事実です。

やはり、発達障害であることを言い訳にするのではなく、もう少し、自分というものを理解していれば、周りの人と揉めることなく、上手くコミュニケーションを図れたように思います。

 

1年間の休日数が多い

クビになった大きな要因ですが、やはり、休日を定期的に取ってしまう人物のため、いつかはクビになると言われ続けました。

会社の方も、最初はまとめて休みを取る形で、病院で治療を受けたほうが良いのではないかと、言ってくれたことがあります。

 

この時は、会社内でトラブルを起こしているわけでもなく、人間関係が良好だった時期です。

今考えてみると、このように周囲から心配してもらえることを、むしろ、気力を振り絞って頑張る時のように錯覚していたのかもしれません。

 

そのため、常に仕事に対して体力、気力ともに充実することがありませんでした。

発達障害の影響でクビになったことをまとめると、自分というものを良く理解しておらず、特に体力面を軽く考えていたことがわかります。

 

また、周りとのコミュニケーションが重要なだけでなく、なにを言おうとしているのか、そのことを良く理解することも大事でした。

しかし、会社内で良い成績を残したい、迷惑をかけてしまった分は取り返さないといけないという思いから、暴走気味の生活を送ってしまったのです。


スポンサーリンク

 - 発達障害の大人・仕事 , , , ,

  関連記事

発達障害のサラリーマンの不便さを助けてくれる必須アプリ

発達障害を助けてくれるアプリを案内しています。 案内の中では、どのような人を対象 …

発達障害のASD自閉症、アスペルガーの脳タイプ別の適職おすすめ

発達障害に適職はあるかというと、もちろんあります。 僕はアルバイトも含めると10 …

事務?警察?発達障害でもなれるおすすめの公務員の種類

不景気になると安定した職業の公務員になりたいという人が増加する傾向にあるようです …

人は見た目じゃ分からない。発達障害を告白した栗原類のエピソード

発達障害の悩みを抱える栗原類さんですが、なにも消極的な思いに悩まされてばかりいる …

発達障害の旦那24の特徴。結婚生活がうまくいくための当事者からのアドバイス

発達障害の旦那をもつ奥さんは、それはそれは毎日が大変だとお察しします。 かくいう …

発達障害の上司の特徴とうまくいく接し方・付き合い方

発達障害は10人に1人はいるとされており、稀なケースではないことが分かってきまし …

発達障害の夫と妻が仲良く夫婦円満になるための5つの秘訣

発達障害の夫をもつ奥さんは、それは毎日が大変だと思います。 僕はADHDとLD学 …

発達障害でも取れる!仕事に活かすせてお金になる資格

発達障害を持つ人にとって、高い壁となっているのが、就職です。 学生時代には個性と …

発達障害の女性の特徴。大人になってから仕事に悩むケースが多くなる

女性の発達障害は大人になってから発症するものではありません。 発達障害というのは …

発達障害の同僚が迷惑でイライラしっぱなし!理由と対応策

発達障害はいるだけで迷惑をかけることが多いのに、それが同じ職場で同僚だったら、最 …