発達障害で生きていく。

ADHD優位のアスペルガーで、LD学習障害もある35歳のおっさんです。息子も遺伝して発達障害です。文献を読み漁り、発達障害は限りなく完治に近い、治すことができると確信しました。このサイトは、治す情報など、発達障害のさまざまな情報を発信していきます。

*

発達障害の克服に効果があった自分を受け入れる方法を実践的に紹介!

      2018/02/24

発達障害の克服というのは難しいです。

というよりも発達障害は治らないと考えたほうがいいでしょう。

それでは発達障害の克服はできないのかというとそうではありません。

 

治りはしないが、克服することはできるということです。

それにはどうしたらいいのかというと、自分が発達障害であるということを自覚することです。

ある意味、開き直りにも近いものがありますが、まずは発達障害であることに気づき、そして受け入れることです。

これによって発達障害を克服することができるのです。

スポンサーリンク

子どものときは気がつかない

子どものときは自分が発達障害と言うことに気がつかないものです。

私は、自分が発達障害ということを大人になるまで気がつきませんでした。

 

今思えば子どもの時は扱いにくい子どもだったなと自分の子どもを見ていてそう思います。

そして、自分の子どもが発達障害となっている現実に驚いてもいるのです。

それは、私が子どものときよりも息子のほうがしっかりしているからです。

 

これで、発達障害と言われたら私の子どもの頃はどうだったのだろうとおもいますね。

いずれにしても、私の子どももそうですが、子どものときというのは自分が発達障害ということに気がつかないものです。

 

ということは、自分の経験も踏まえて子どもにいろいろな検査を受けさせるのは酷ではなかったのかなという思いもあります。

私の子どものときよりも格段にしっかりとしていますからね。

ただ、他の子どもよりも落ち着きがないとか多動性があるというだけで、発達障害と診断されるのは子どもが少しかわいそうだなと感じました。

 

発達障害は大人になって克服する

私の例は参考にならないかもしれませんが、発達障害という言葉を突きつけられたのは大学を卒業して働き出してからです。

それまでは、少し変わっている人という周囲からの目線はあったものの、自分自身順風満帆な人生だったと思っていたのです。

それは、マイペースで生きてこれたことが多かったからでしょう。

 

働き出してからは違いますね。

お金を払って勉強して部活をしてという状況からお金を稼ぐ状況になるのですから、生活が一変するのは仕方のないことです。

独り立ちということがこういうことだったのかと思うくらいで当時の私はそれほど大変さを大変だとは思わなかったのです。

 

それでも、自分だけができない、物覚えが悪いといったことが頻発していくとさすがに心配になりました。

そして、理解のある上司に相談すると発達障害ではないのかということをそっと告白されたのです。

長く人を見てきた上司の的確な助言でしたね。

スポンサーリンク

どうやって克服したのか

病院に検査に行ってカウンセリングを受ける中で、どちらかというと自分で過去を振り返るようなことが多かったです。

これまでできてきたのは何だったのか…ということですね。

 

それでもすぐに学生と社会人という違いに気がつき、そして、これからのことを考えるようになりました。

克服というと発達障害が治るという意味に捉える人もいるかもしれません。

しかし、発達障害というのは治る病気ではないのです。

 

それではどうしたらいいのか、どうやって克服したのかということになると思います。

肝心なことは自分が発達障害でADHDであるということを受け入れることです。

周囲にカミングアウトする勇気も必要かもしれません。

 

それによって、社会的な制約を受けるかもしれませんし、出世に不利になることもあるかもしれません。

しかし、発達障害はデメリットの部分もありながらメリットもあるのです。

私の場合は「細かい」ところでしょうか。遅くても仕上げが完璧という高い評価を頂いています。

 

だからこそ、会社の中で生きていく場所を見つけることができたのです。

発達障害で人と同じようにできないことを恥じるのではなく、人より秀でている部分を伸ばすということで私は活路を見いだしたということですね。それが発達障害の克服ということでしたらきっとそうなのでしょう。


スポンサーリンク

 - 発達障害を治す方法 , , , ,

  関連記事

実践すれば必ず治る発達障害の治療法。順番にそって実行しよう

発達障害は治らない障害だとされていますが、ADHDとLD学習障害の僕が思うのは、 …

発達障害のぼくが参考になった厳選の良書おすすめ5冊

発達障害をなんとか治療・克服したいと、関連する書籍はいろいろ読み漁りました。 本 …

発達障害の症状が改善したことから、僕は治る!と思います。その根拠とは?

「発達障害は治ることはありません」。 どこの病院の先生もそういいます。 僕の主治 …

脳に効く!発達障害におすすめな療育できる習い事ベスト5

発達障害の子どもになにか将来役に立つものを学ばせてあげたい。 そう思うのは親とし …

発達障害のコミュニケーション能力が格段に上がる4つのトレーニング方法

発達障害の特徴に、コミュニケーション能力に難があり、人の気持ちがわからず思いやれ …

発達障害の忘れ物を防止するための6つの効果的な対策

発達障害は集中力がない、不注意という特徴があり、忘れ物をすることが多いです。 僕 …

1分前のことを忘れる!発達障害の物忘れが激しい原因と改善トレーニング方法

発達障害の症状のひとつに、物忘れが激しいということがあります。 僕も発達障害です …