発達障害で生きていく。

ADHD優位のアスペルガーで、LD学習障害もある35歳のおっさんです。息子も遺伝して発達障害です。文献を読み漁り、発達障害は限りなく完治に近い、治すことができると確信しました。このサイトは、治す情報など、発達障害のさまざまな情報を発信していきます。

*

発達障害の離婚率は72%!離婚理由1位はコミュニケーションがとれないこと

      2017/10/23

発達障害の離婚率は72%と、アメリカのデータですが高い数字を出しています。

僕も妻から離婚をされたほうですが、ほんとうにあきれるくらい、あの頃は妻に対して酷いことをしていたなと思います。

 

皿洗いが担当なのに、やったのはほんの数えるくらいだったり、妻の話を聞かずに自分の話ばかりしたり、おまけに給料は26歳で12万円。

離婚されて当然だったと思います。

今回は、発達障害の離婚率と、離婚理由、離婚したいと思ったときについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

発達障害の離婚率

発達障害の離婚率は、これはアメリカのデータですが、72%という数字出ています。

アメリカは通常でも離婚率が高く、2組に1組が離婚しているのが平均です。

 

そのため、発達障害の離婚も高くなりますが、72%というのはそれに比べても高い割合といえます。

それほど、配偶者が発達障害だと、離婚するほどの理由ができてしまうということでしょうか。

 

アスペルガーの離婚率

外国のデータですが、配偶者がアスペルガー症候群の場合、離婚率は80%だというデータがあります。

日本の離婚率は3組に1組が離婚しているということから、それを踏まえてみても80%という割合は高いものだということが分かります。

 

5組中4組が離婚していて、1組しか結婚を継続できていないんですからね。

それも、離婚していないのが20%というだけで、このなかには配偶者の不満を抱え込んでいる、離婚予備軍も数多くいると考えられます。

そうなると、幸せに結婚生活をおくれているアスペルガーの配偶者は、5~10%といったところでしょうか。

 

配偶者が発達障害の場合の離婚理由

データがなかったので、当サイトでアンケートを実地しました。

28名の離婚経験者のかたに解答して頂いた結果となります。

 

1位 コミュニケーションがとれない

2位 思いやりがない

3位 性格の不一致

4位 経済力がない

5位 自己中心的でわがまま

6位 家事をしてくれない

7位 こだわりが強く普通のことができない

8位 育児に不参加でこどもに関心がない

9位 愛されてないと感じたから

10位 「発達障害だから」という一言で何もかもが許されると思っているのが嫌になった

 

このような結果になりました。

ほかにも意見として、「何度言っても靴下を脱ぎっぱなしで放置して、片づけるのが嫌になった」

「遅刻ばかりして3社もクビになったのに、また遅刻したから」

 

「インフルエンザにかかったのに、『ご飯はまだ?』と聞いてきたから」などの意見がありました。

僕も離婚された身なので、どの意見も耳が痛いことばかりです。

ちなみに僕が妻から離婚された理由は「発達障害でも結婚はできる!離婚と再婚を経験して分かったこと」に書いてあります。

 

納得のコミュニケーション不足

離婚理由をみると、やはり発達障害ならではの離婚理由だとなっとくさせられます。

コミュニケーションが取れない、思いやりがない、性格の不一致、愛されてないという理由は、ようはコミュニケーション不足です。

 

夫婦はコミュニケーションで成り立つものですが、そのコミュニケーションが発達障害は苦手なので、そこで大きな問題が生じます。

発達障害は人の気持ちが分からりずらい、思いやりある行動というのが、悪意はなく本当にわかりません。

それが普通の人には理解しがたく、たとえそれが発達障害の症状のひとつだとはわかっていても、心では割り切れないものなのでしょう。

スポンサーリンク

結婚していてもむなしい

アスペルガーの旦那さんと離婚した奥様の意見の中に、胸に突き刺さる言葉がありました。

「結婚していても、夫といるとむなしい」と書かれていました。

 

離婚をした人の原因をつきつめると、むなしいということなのかもしれません。

発達障害という、いつまでたっても埋まらない溝。

この溝の深さに気が付き、どうしようもできないんだと思った時に、発達障害の配偶者は離婚を決断するのかもしれません。

 

離婚したいと思ったとき

発達障害の夫(妻)に疲れて、離婚したいと思うのは当然のことだと思います。

じっさいに決断して離婚をされても、それは仕方のないことです。

 

僕も離婚されましたが、いま思えば、どれほど妻には負担をかけていたことだろうと思います。

それほど、発達障害と普通の人の夫婦というのは、埋めるのが難しい境界線があると感じます。

 

離婚ちょっと待って!

それを踏まえた上で、離婚を決断される前にひとつだけ提案があります。

発達障害は治らないとされていますが、僕は結婚生活に支障ないほど治るものだと確信しています。

 

げんに、今は新しい奥さんと再婚し、「いい夫になったね」と言われるほど、充実した結婚生活をおくっています。

それは毎日2時間発達障害を治すためのトレーニングを続け、脳や体を活性化させているからです。

以下のことを試してみてください。

 

「発達障害のぼくが参考になった厳選の良書おすすめ5冊」

「実践すれば必ず治る発達障害の治療法。順番にそって実行しよう」

「何十種類も試した中でADHDに効果があった訓練方法ベスト3」

 

僕は毎日、栄養療法や筋トレ、脳トレをしていますが、すぐにではなくても毎日根気よく訓練すれば、成果は必ずでます。

訓練はきついですが、それをやらないようなやる気のない配偶者だったらもう離婚していいと思います。

 

人間はやる気です!発達障害はやる気すら出ず、やらなければいけないことを後回しにするという症状もありますが、そうなればもう今後の成長は見られないと思います。

でも、こつこつ頑張って、その姿を見せてくれる人なら、まだ寄り添っていってあげてもいいと思いませんか?


スポンサーリンク

 - 発達障害の情報 , , , , , , , , , ,

  関連記事

発達障害の彼氏と付き合っていて別れようと思った瞬間

発達障害の彼氏がいる場合、どのような苦労、苦難が待ち受けているのかを案内していま …

家族や職場から発達障害が理解されない苦しさと憤りの気持ち

発達障害を持つ人が一番苦しいと感じるのは、周りから理解されないことです。 ぼくも …

発達障害をスピリチュアルな目線から考えてみると見えてくる世界

スピリチュアルの目線で発達障害を捉えると、様々なことがわかってきます。 すると、 …

発達障害の知的障害について。その違いとIQごとにできることできないこと

発達障害のなかには、知的障害をともなう場合があります。 知的障害はおもに、IQ7 …

発達障害の寿命は18年も短いという衝撃の事実!原因と寿命を長くする方法

発達障害は、寿命は18年も短くなるという衝撃のデータが公表されました。 これを見 …

気が散って片づけられない発達障害におすすめな整理整頓術

発達障害の人の中には片付けをすることが苦手な人が多いです。 整理整頓が苦手という …

こどもでも大人でも発達障害の正直迷惑!と思うところ

大人となった今でもそうですが、たまに「あっまた迷惑をかけてしまったな」と思うこと …

ADHDが参考にしている発達障害の生活や情報満載のおすすめブログ

僕はADHDの発達障害ですが、発達障害を治すために、さまざまな情報を日ごろから読 …

大目にみてあげて!発達障害者の言動にイライラするときの対処法

発達障害の子どもを見るとイライラするということはよくあるでしょう。 発達障害とい …

発達障害の天才ピアニスト!のだめのモデル野田あすかのエピソード

「発達障害の天才たちのエピソード。才能が開花する3つのポイント」この記事でも書き …